「新築一戸建て」カテゴリーアーカイブ

各部屋にある収納スペースがいい

私の家では、収納するところをたくさん作りたいと思っていました。マンションで暮らしている時に、買いたいものがあると思うものの、やっぱり置くことができないと思って諦めてしまったことがあったからです。もしも収納するところがあったらと思って、後悔をしてしまったのです。そこで新築を作るときには、たっぷりと収納出来るところを作りました。
一番いいと思っているのは、なんと言っても各部屋に収納できるところがあることです。収納をするところが遠くにあると、そこまで運ぶことが辛いのです。そこでその部屋で使うものは、その部屋に収納することができると一番いいと思うようになりました。
実際に、とても便利と感じています。そこからさっと取り出して、使うことが出来るからです。こたつなどはリビングの収納にしまい、冬になるとそこから直ぐに出して使っています。夏の場合は、扇風機などを各部屋において、使わない場合は各部屋の収納にしまっています。

ネットゼロエネルギーハウスについて

ネットゼロエネルギーハウスは、省エネルギー化を考慮した住宅で断熱性能や省エネ性能、創エネ性能が優れています。断熱性能は、屋外からの熱が室内に伝わりにくいようにする事で、室内の冷房効率を高める事が出来ます。寒い時期には、冷気が室内に入りにくくなるため、暖房効率が非常に高くなります。必要以上にエアコンなどを使わずに暮らす事が出来るため、断熱性能のアップは省エネルギーにとても有効です。我が家も断熱性を高めるため、断熱材の厚みをアップさせたり、ガラスはlow-eの複層ガラスを採用しました。low-e複層ガラスは、UVカット効果があるため、外部からの直射日光を遮断して室内の冷房効率をアップさせる事が出来ます。また、冬場には暖房熱を外に逃がさないため、室内を暖かく保つ事が出来ます。夏には冷房効率、冬には暖房効率がアップさせる事が出来るため、省エネルギーを実現出来ています。省エネルギーを意識した家づくりが出来て良かったです。

新築一戸建てをおすすめする理由について

新築一戸建てにして良かったことを紹介します。家を買うときにたくさんの選択肢があったと思います。別に新築でなくても中古でもマンションでもありますよね。特に中古の方が安いですし、金銭的なことを考えたらいいと思うかもしれません。ですが、敢えて新築一戸建てにした理由は自分の好きな間取りにしたかったからです。中古だとどうしても100%満足することは出来ません。家のデザイン、間取りなどどこか妥協をしなければいけない事もあるでしょう。ですが、新築一戸建てなら自分が住みたいと思う家に住むことが出来るので新築一戸建てを選んでよかったです。
もし、金銭的に厳しいと思っている人は、土地が狭くなるだけでだいぶ値段が変わります。土地は広いと草などがたくさん生えてきて、それを刈るのがすごく大変なので、広ければ良いというわけではないので、土地が少し小さめのところを狙うと休めの家を変えます。車2台と洗濯物を干せる空間さえあれば快適にすめます。もし、可能なら新築一戸建てをおすすめします。

新築一戸建ての木造注文住宅の思いは

都心近郊の私鉄沿線に土地を購入し、和風木造の新築一戸建ての注文住宅を建築する事になりました。 以前の生まれた所は福島県の浜通りの田舎で親代々が住んでいる所でもあり、そこは当然ながら昔の木造の純然たる和風の家でした。 新規に家を建てるとなると、やはり、日本式の一戸建ての木造建築が恋しくなるようです。

ところで昨今は国内は東北の大震災を始めその後も地震が頻繁に感じられますが、木造建築の特徴の一つに地震に弱いと考えられていました。 ところが、本来の木造の建物は他の構造建築物に比べて、軽くて、しなやかであり、従って地震によって受けたり生じたりする力は意外と小さく、逆に地震には強いともされる研究や報告もあります。

木造が壊れやすいのは、支柱部分や基礎部分が腐食しているか、或いはシロアリなどの害虫による食害の影響で強度が弱くなり、結果として地震による倒壊が起きるとされているようです。 そんな事で色々思案してみましたが、結局は木造の新築一戸建ての建築にしました。 建物に関しては、やはり質や形は予算の関係もあり、どちらかと言うと木造の標準的なものにして内装、外装、更に所設備関係は全く普通の水準のものか、それよりやや抑えた感じの建物になりました。

トイレが暖かいのでとてもいい

新築を作った時に、トイレについてそんなに関心を持っていませんでした。しかし一番トイレというのは、使うんですね。家族が何回も使うことが有り、掃除がしやすいトイレが一番を思ったことがあります。それは、毎日使うところだからなおさらと感じています。
また、トイレで気になったのは暖かいことが何よりです。実家のトイレは、風がどこからか入るのかとても寒いです。年をとった両親が住んでいるので、トイレを使うときにとても寒いのではないかと心配です。やっぱりトイレというのは、暖かいことが一番ですね。
その点、私の家のトイレはとても暖かいです。はいった時に暖かく感じるので、冬もトイレを使うことがつらくありません。便座シートも保温がされているので全く寒くないのです。そのことを思うと、トイレにいってストレスを感じるのは、一番辛い事ですね。そんなストレスを感じることなく使えているので、このように暖かいトイレにして本当に良かったと思います。

新築一戸建てにするのは何故おすすめか

我が家は新築一戸建てを建てました。家を建てるとき、マンションにしようか、中古にしようかたくさん話し合いました。ですが、最終的には一戸建てがほしいということになり、新築一戸建てという選択肢をしました。
新築一戸建てを選んで家族の絆は良くなりました。やはり、高いお金を自分たちで払っているからこそ、家を大事にしようという気持ちになりますし、傷をつけたくないから綺麗に使おうとしますよね。せっかく建てたのなら出来るだけ家を大事にしたいという気持ちを持つのは当たり前なので、それを子供たちにも教えることができます。ですので、家族全体で「物を大切に」という気持ちになったと思います。
様々な選択肢があったのですが、我が家は新築一戸建てを建ててよかったと思っています。たくさんこだわることが出来ましたし、耐震など不安な部分にもお金をかけることが出来ました。新築一戸建ては不安が強い人、こだわりが強い人ほど、選ぶべき選択肢だと思います。

新築一戸建て住宅を選ぶ難しさ

家を購入するときは新築一戸建て住宅を選ぶと快適に暮らせますが、実際には価格が高くなるため意外とリスクがあります。このため、慎重に決めないと後悔するはめになり、モデルハウスでスタッフの説明を聞いてから選ぶことにしました。家はただ単に購入すれば良いわけでなく、きちんとメンテナンスやリフォームをしないとトラブルが起きてしまいます。物件の設備は工法や使用する素材に応じて耐用年数や価格が変わりやすく、適正価格を確かめて選ばないと失敗することも多いようです。
新築一戸建て住宅を選ぶことは簡単なようで難しく、失敗すると多くの金額が無駄になってしまいます。このため、モデルハウスで設備の特徴や耐用年数を確かめ、今後の生活のスタイルに合わせて決めることにしました。家は人生で大きい買い物になりますが、予備知識を付けないと安易にセールストークに騙されて不安になるものです。このため、新築の住宅はプレッシャーがかかり、比較検討に時間がかかりました。

新築一戸建てにしかないもの

マイホームとして新築一戸建てにしましたが、やはり快適で安全な生活が実現できました。マイホームは家族全員が安心して暮らせる環境を作らないと困るため、モデルハウスを見学してスタッフと相談しました。新築は最新の技術や工法が使われて快適に過ごせ、ステータスが上がった気分になれます。私は一人暮らしをするまで古い物件で生活をしていたため、頻繁に早く開放されたいと思っていました。このため、中古の物件は極力選ばないと心に決め、モデルハウスを見学して探すことにしたものです。
新築一戸建ては快適な居住空間を作れることだけでなく、耐震やバリアフリー構造のため信頼感があります。信頼感は中古の物件にはなく、設備が摩耗しやすいためリフォームを頻繁にしないといけないため維持費がかかることが難点です。このため、家を選ぶときは安物買いの銭失いにならないようにすることを心がけ、価格が高くても新築一戸建て住宅にしてホッとしています。

新築一戸建て住宅を選ぶポイント

新築一戸建て住宅を選ぶときはどれも同じというわけでなく、モデルハウスで見学してから決めることが重要だと感じました。新築は実際に建てられてすぐの状態ではなく、完成したあとに誰も入居せずにそのまま時間が経過した場合にも含まれるため驚いたものです。物件の価格は新築にするとそれだけで高く設定できるため、ネットで調べるとこのような罠には注意すべきだと紹介されていました。家はどうしても価格が高く失敗をすると一生ついてまわるため、慎重に決めないと後悔すると実感したものです。
新築一戸建て住宅を選ぶときは設備の特徴や耐用年数を確かめ、信用できる業者であるか確かめて決めることがポイントだと感じました。新築の家は快適に住めるという固定観念がありますが、実際には必ずしもそうでないため見学をしてから決めたほうが良さそうです。家は後悔をしないように決めたいもので、設備の耐用年数が長く安心して暮らせるようにすることを意識しました。