家族が安心して暮らせる注文住宅

それまで暮らしていた実家が手狭になったので、注文住宅を建てました。近所の工務店に依頼した住宅は、建坪30坪弱と普通の大きさながらもこだわれる範囲でこだわりを詰め込みました。家族の顔が見えたほうが良いということで、玄関から階段へは直結せずリビングを通って二階に上がる間取りです。一階は、あえてLDKだけにして広めで解放感が出るように天井も高めにしてもらいました。地震は、震災直前に建て終わったので特には対応していませんが、基礎の時点でかなり深めに杭を打ってもらいました。ツーバイフォー工法で、大黒柱も太めです。実際、震災直前に引っ越しをして関東北部ですが全く家は無傷でした。近所で住宅にひびが入ったりと結構被害があったみたいだったので、やはり丈夫な家なのだと思います。広めのLDKには家族がいつも集まり、無垢の床は床暖房が無くても足元がそれほど冷えません。玄関からリビングにつながるドアと周辺のガラスは特注なので、採光性も良くとても気に入っています。後悔というか、2階のロフトはあまり使っていないのでいらなかったです。