窓の配置を考えましょう

家の間取りや建材など、自由に自分好みに選べるのが注文住宅の魅力です。自分の理想の家のイメージをしっかりと持っている人ほど、素敵な家を建てることができるかもしれません。間取りを決めるとき、部屋づくりをするときは、守ったほうがいい鉄則のようなものがあります。例えば「窓の配置」です。窓はおしゃれに見えればどこに作ってもいいというものではなく、「風通し」を考慮する必要があります。南側に大きな窓を作り、北側の上部に窓を設置すると、住んでいる人にとって心地のいい風が吹くと言われています。もちろん家によっては南側に窓を設置できないケースもあるでしょう。基本として「一つの部屋に二つの窓を作る」ようにすると、風通しのいい部屋をつくることができます。どうしても窓を設置できない場合は、天窓を作ると空気の流れが良くなるでしょう。設計者やハウスメーカーの人はプロなので、質問をすれば「鉄則」を教えてくれるはずです。参考にして素敵な家を建てましょう。